top of page
検索

鍼灸治療と免疫力

鍼灸施術の特徴として、免疫力への影響が言われます。

いくつか考えられる理由として・・・


・筋肉のコリがほぐれ、血流量への影響(免疫の一部は血液中に存在)

筋肉内を流れる血管への圧迫が軽減され血流が循環しやすくなる。

冷えも緩和されやすい。


・血管を支配する交感神経(自律神経)への影響

チクッ、ズシーンという体感(体外からの刺激が免疫力向上のきっかけに)

人体には健康を維持しようとする機能=ホメオスタシスが備わっています。

ストレスや疲労により、ホメオスタシスが働きにくい状態となると体調悪化となりやすくなります。

鍼やお灸の物理刺激をきっかけとして、ホメオスタシスに喝が入るイメージです。


チクッやズシーンの体感を得られると、身体も「あ!元の体調に戻らなきゃ」というモードになります。


健康維持のスイッチオン状態になります。


冬に近づく寒さを感じる今日この頃

、疲労回復とともに免疫力向上のための鍼灸施術をお勧め致します

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page